体幹トレーニングで目のトレーニングも!?

体幹トレーニングのプログラムの中には、目のトレーニングも行っています。

 

動体視力が良くなれば、例えば野球の場合だったら、

「バッティングの時、ピッチャーが投げるボールが良く捉えられるので、ミートしやすい。空振りしない。」

などの効果が期待できます!

 

ですが、目のトレーニングをするメリットはまだまだ他にもたくさんあります!

「周辺視野」という「見える角度、面積」が広がると、

周りの状況が把握でき、アクションに繋がります。

 

例えば野球だと、

「守備をしてる時、隣のポジションの子の動きも視野に入るので、

ボールが飛んできた時に判断しやすい、動きやすい。」などが考えられます。

 

サッカーも場合もそうですね。

「自分がボールが持っている時、仲間が端から走りこんでくるのが見えるので、

先を読んでパスしやすい。」とパフォーマンスにも直結します。

 

 

最近、近隣のA小学校のAチームの小学生3人が頑張って通っています。

チームメイトで仲良しですし、競争意識もあるので、

トレーニングも、スイングスピード測定も、目のトレーニングのプリントも

競りながら、楽しく取り組んでいます!

 

 

集中してやっています!

色々なパターンのプリントをやって、タイムが短くなったり、制限時間の中でできる数が多くなったり、

一番でできて喜んだり、と達成感もありますね。

 

楽しみながら目のトレーニング、してますよ~。