股関節が硬いとなぜ怪我しやすいか?

上の写真は、最近体幹トレーニングを頑張っているNちゃん。

とっても体が柔らかいです。

手足が長く、自分の体をよくコントロールできています。

 

「股関節が硬いとケガをしやすい。」とよく言われます。

改めて、股関節が硬いとどんなデメリットがあるか、記してみます。

 

1.ケガをしやすい。

 

股関節が硬いと筋肉も動きが制限され、硬くなっていきます。

血行やリンパの流れが悪くなり、疲労物質も排出されづらくなっていきます。

そこで急に大きな動きをすると、肉離れ、捻挫などが起こる可能性が高くなります。

筋肉痛の回復も遅くなってしまいます。

 

2.冷える、太りやすい、足がむくみやすい

 

血行やリンパの流れが悪いと、足先に十分な血行が行き届かず、冷えに繋がります。

老廃物も押し戻せないので、足がむくみやすくなります。

デスクワークばかり、立っての作業ばかり、だと筋力が弱ってますます加速してしまいます。

 

3.ひざ痛、腰痛を起こしやすい、骨盤の歪みや姿勢が悪くなる

 

筋力の低下が起こると、それをかばおうと歪みが起こり、

全身の姿勢も悪くなります。

ひざだけでなく、腰痛、ひいては猫背から肩の痛みへと繋がる場合があります。

 

スポーツのパフォーマンスだけでなく、美容にも、健康にも悪影響が起こってくるのが

わかりますよね。

 

では、股関節が柔らかいと、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

1.ケガをしにくくなる!回復力がアップする!

 

膝や体全体の動きがよくなるので、バランスが良く、瞬発力が出る。

とっさの時でも対応できるので、ケガをしにくくなります。

筋肉が柔らかく、疲労物質も楽に排出できるので、疲労や筋肉痛の回復も早くなります。

 

2.姿勢がよくなる、疲れにくくなる、痛みや不定愁訴が軽減する

 

血行やリンパの流れがよくなるので、冷えやむくみ知らず。

良い姿勢がキープできると腰痛やひざ痛もなく、肩こりや頭痛も軽減します。

基礎代謝が上がると、ダイエット効果も!

 

などなどアスリートにも女性にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

股関節を柔らかくするストレッチも院でお伝えしています。

日々継続してやれば、股関節は柔らかくなります!

 

体が硬いと悩んでいる方は是非ご相談下さい。