寝違えの時には・・・

最近、朝晩はぐっと涼しくなりましたね。

そんな気候もあってか、

寝違えや肩首の痛みで来院される患者さんが目立ってきました。

 

今回は、寝違えの原因や対処法、再発しないために日頃からの予防法について

アドバイス致します!

朝起きて首を、回すと「イタタ・・・」。

寝違え、辛いですよね。

 

寝違えが起こるのは、こんな原因があります。

 

1.日頃から肩の筋肉が緊張していて、冷えや血流の低下、寝返りの少なさで筋肉が固まってしまい、

  起床時に急に動いたため、筋肉を傷めた。

 

2.ソファで寝てしまった。マットが柔らかい。枕の高さが合わないなど。

 

3.過度に疲労している。寝る前にアルコールを飲んだ。

  過度に疲れていたり、アルコールを飲むと、寝返りが少なくなるため、

  就寝中の筋肉が固まってしまいます。

 

【対処法】

 

1.痛みが強い場合は、一時的にアイシングして冷やして下さい。

2.無理に首を回したり、もんだりしないで下さい。

  筋肉をより傷めてしまう可能性があります。

 

なるべく早いタイミングで受診して下さい。

起きる時や振り向く時などは、なるべくゆっくり動作するようにして下さい。

 

【予防法】

 

1.お風呂に浸かり体を温め、寝る前に5分でもストレッチする。

  筋肉をほぐす、リラックスするのが一番です。

  シャワーで済ましてしまう方が多いと思いますが、できればゆっくりお風呂に入るのがベター。

  ストレッチはくれぐれも無理をせず、気持ちいい位の範囲でして下さいね!

 

2.肩回りを冷やさない。

  服で調節したり、タオルをゆったり首に巻いておくのもいいですね。

 

3.寝る前に水分補給をする。

  ミネラル分の入った経口補水液がいいですが、お茶でもお水でも、

  少しでも水分を摂っておくのがオススメです。

  寝違えだけでなく、足の痙攣、こむら返り予防にも有効です。

 

以上のことに気を付けて、すっきり目覚めのいい朝をお迎え下さい!!