ストレッチポールで肩の運動療法

硬式野球チームに所属する、中2のK君。

小学校の時には体幹トレーニングに通い、今でも治療が必要な時には来院しています。

 

今回は肩の痛みを訴えてきました。

ピッチャーとして、投球機会が多かったとのこと。

大きな大会が続いたそうです。

 

今回は治療の一環で、ストレッチポールを使っての運動療法を行いました。

背が高いので、ちょっと猫背気味の傾向があるのですが、

ストレッチポールを使うと、重力の関係で肩が下がり、胸郭が開いてきます。

 

図で表すと、こんな感じです。

期待される効果は・・・

 

1.肩周りの筋肉の可動域が広がるので、筋肉が緩む。

2.痛みの軽減。

3.可動域が広がるので、パフォーマンスアップに繋がる。

4.筋肉の緊張が緩むので、リラクゼーション効果が得られる。

5.深い呼吸になるので、血行が促進され、リラックスでき、

  ぐっすり眠れるようになり、結果的に疲労回復になります。

 

このストレッチポールを使って、筋肉を緩めたり、

また逆に筋肉を鍛えるトレーニングにも使えます。

 

リラックス効果などは、

アスリートだけでなく、PC作業の多い方にも嬉しいですよね。

寝る前のストレッチの一環に取り入れるのもいいかと思います。

 

野球肘で悩む方には、肩の筋肉が固かったり、うまく使えてないのが原因の場合もあります。

運動療法を取り入れて改善に繋げていきましょう。

 

どうぞお気軽にご相談下さい!