肘の治療で運動療法

肘の痛みで通院している、中1のR君。

小学校では野球をしていて、肘の痛みが出ていたそうです。

 

気になるのは肘だけでなく、股関節の固さも気になります。

 

股関節が固いので、下半身がうまく使えず、

腕を無理に振っていたのも原因の一つだと考えています。

 

電器や手技で筋肉の固さをほぐした治療の後に、

運動療法やストレッチ指導を取り入れています。

長期的にみて、痛みが再発しない体作りを目標としています。

お家でもストレッチは続けてもらう様に指導しています。

 

通院を始めて2週間。

何だか、毎回会う毎に背が伸びている印象!?

 

そのことをお母さんに伝えたら、

「そうなんです。

今まで姿勢が悪くて猫背気味だったのに、

最近姿勢が良くなってきて、背が伸びたように感じるんです。」とのこと。

 

肩を開くストレッチも入っているので、その効果のお陰なんでしょうね!?

頑張って続けているR君だから、少しずつ変化が出てきているはず!

 

体の固さが思わぬところの痛みにつながっている場合があります。

お子さんの、スポーツによる痛みに悩んでいる方は、

お気軽にご相談下さい。