ハンド選手にトレーニング指導しました

こんにちは。

トレーナーの下向井(シタムカイ)です。

 

去った日曜日に、浦添市室内競技場で、小学生ハンドボール大会が行われました。

終了後、選抜メンバーと指導者を対象に、トレーニングとケアのセミナーを開催しました。

 

総勢60名ほど。

15名位に分かれて、4グループで行いました。

 

ハンドは激しいコンタクトを伴うので、足首捻挫や肉離れが多い競技でもあります。

那覇西ハンドボールのケアトレーナーをしているので、

ケガをする選手をいつも見てきました。

 

小学生のうちから意識しておきたい、足の指の使い方、

姿勢、呼吸、体幹について、自分で家でもできるトレーニング方法を指導しました。

足の指がきちんと使えていれば、着地が安定し、

捻挫防止になります。

 

体幹が鍛えられていれば、相手とぶつかった時にも安定して転ばずに堪えられます。

 

猫背にならず、胸を大きく開くことができれば、

シュートの時に上半身をひねり、スピードのある鋭いシュートが投げられます。

 

ほんのちょっと意識してトレーニングすると、

ケガ防止、パフォーマンスアップに繋がるので、

当日伝えたトレーニングを是非続けてほしいと思います。

 

当日はどうしても時間の制約があったので、

もっとしっかりトレーニングについて聞きたいチームは

是非お知らせ下さい。

 

治療院でも体幹トレーニングクラスがあります。

体験レッスンも受付中ですので、

ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。