子どものゴールデンエイジにすべきコト!

当院では、

小・中学生の体幹トレーニングレッスンも行っています。

 

伸び盛りの子ども達。

その中でも、特に運動神経が飛躍的に伸びるのが、

8歳~12歳の、ゴールデンエイジ

と言われる時期です!

5歳までは、

追いかけっこをして走ったり、

ボール遊びをする中で、

基本的な体の動きが身についてきます。

 

5歳~8歳は、

なわとびやリズム体操をする中で、

ジャンプしたり、運動に繋がる動作をしていきます。

 

そして、大切なのが、

8歳~12歳の、小学校高学年の時期!

 

この時期に、スポークラブに入って、

個々の競技技術がグンと伸びる子が多いことでしょう。

 

 

この時期に大切な要素が、3つあります!

 

1.手足を自在に操れるようになるコト。

 

2.体幹を鍛え、体の軸のバランスを整えるコト。

 

3.リズム感、力を入れるタイミングが自然に身に付くこと。

 

保護者の方に是非お伝えしたいのは、

 

競技技術は後でも身につくけれど、

 

俊敏性を効果的に高めるには、

 

小学校高学年の時!

 

その為に有効なトレーニングは、

 

ラダーやミニハードルを使ったトレーニングです。

 

室内では、

同じような効果が得られるような、

ミニボールを使ったトレーニングなどをしています。

この時期にこそ伸ばしたい

俊敏性、体幹のバランスに

ご興味のある方は、

お気軽にご相談下さい。!(^^)!